« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

しまだ研1期生

おあつぅございます。

札幌も連日の30℃超えで,夏真っ盛りです。シマダ研は夏休みモードでM1の2人は帰省して,静かな研究室です。4年生のD介君は院試にむけて勉強しています。暑いのにご苦労様。私とM2のJEF君は実験三昧です。沖縄で採集した淡水アオノリの淡水で生育するのに必要な遺伝子をJEF君が担当し,海水で生育するのに必要な遺伝子を私が担当しています。それぞれ淡水と海水で生育させて,そららの藻体からmRNAを抽出して,cDNAを合成して,ディファレンシャル・ディスプレー法で,発現の違いをみて,違うバンドを切り出して・・・・。暑いのでこのへんで。

今日は,シマダ研1期生のOG横○さんが帰省ついでにシマダ研に寄ってくれました。ほんわかな感じは変わっておらず,いつまでもその良さを保ち続けて欲しいなぁ,と思いました。おみやげに「十万石まんぢゅう」と「冷やしごま」を持ってきてくれました。両方ともおいしかった。特に「冷やしごま」を冷やして食べたら,すんごくおいしかった。横○さん,ごちそうさまっ。

| | コメント (0)

絶滅危惧種

8月3日付けで,環境省の「レッドリスト」の見直しが発表されました。10年ぶりの見直しで,藻類については絶滅のおそれのある種が41種から110種となりました。

シマダ研に関連する所では,中○君が研究している褐藻イズミイシノカワHeribaudiella fluviatilisが絶滅危惧I類(CR+EN)に指定されました。また緑藻カワアオノリBlidingia ramiferaも絶滅危惧I類(CR+EN)です。

絶滅危惧II類(VU)には緑藻ヒナイワヅタなどイワヅタ属3種が指定されました。

準絶滅危惧類(NT)には世界で宮崎青島近辺にしか生育していない紅藻ヤタベグサや日本では沖縄塩川にしか生育していない紅藻シオカワモッカなどが選定されました。両種ともシマダ研では培養株を確立しています。色々研究したいのですが忙しくて・・・。

今回のレッドリストには緑藻イワズタ類が多く含まれています。この仲間には沖縄で食されている「ウミブドウ」のCaulerpa lentilliferaや地中海の生態系を破壊し続けている「キラー海藻」のCaulerpa taxifoliaなどが含まれ,人と社会に影響のある種類が多く,また,環境によって形態が大きく変化することで有名です。東京海洋大の大葉先生が発見した例が世界的に有名で,これまで別種とされていた2形態が光環境などを変化させることで1つの個体に形成されるほどです。

| | コメント (0)

水の王国

今朝は雨が降っていて,家の中でラジオを付けてラジオ体操をしました。今日は声がおねぇさんだった。NHKラジオ第一に合わせたんだけど,いつものおじさんは違う所なのかなぁ???

昨日は「水の王国」に行ってきました。子供達はノリノリで,すっごく楽しかったみたい。私も久々の「水」ではしゃぎまくりました。平日にもかかわらず,沢山の人でした。流れるプールの内側にある「キッズ・スライダー」でウチの子が滑っている時,スライダーの中間地点ぐらいで男の子がダイブしてスライダーに入り込んで,ウチの子と激突して,大泣きしてしましました。あそこは監視員,必要ですよ,ビューホテルさん!!!

ひとまずシャングリラでお昼を食べました。特に「葱とチャーシューのつゆそば」が子供達に大人気で,私が頼んだのに,私のもとには「つゆ」しか残っていないドンブリが帰ってきました。子供達は元気が回復して,午後もまるまる楽しみました。「キッズ・スライダー」も何度もやってて,午前中の事件は全然きになってなかったみたい。私は心配で「監視員」してたけど。

今日は,植物分類学教室の初代教授であらせられる山田幸男先生が採集された乾燥標本からDNAを抽出しました。淡水産紅藻オキチモズクで,吉田先生のご依頼です。うまくとれているかドキドキです。

| | コメント (1)

ソルトサイエンス

昨日は,東京出張でした。ソルトサイエンス研究財団の助成研究発表会でした。有楽町でJR降りて,時間があったので歩いて会場のある永田町を目指しました。日比谷公園と内堀の間をてくてく・・・。まだ桜田門?てくてく・・・・。

・・・遠すぎ・・・暑いし。国会議事堂前までで断念。東京メトロで永田町駅まで。

発表会は面白い発表が幾つもあって,ワクワクドキドキしながら聞いていました。JEF君の研究に関わる重要な知見もえることができて大満足でした。やらなくてはいけない仕事も増えちゃったけど。おみやげに買ってきた「ごまたまご」は意外に好評でした。

| | コメント (1)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »