« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年5月

日本○○協会ふたたび

昨日は,日本○○協会のTさんが,シマダ研を訪問下さいました。先月以来,2度目の訪問です。PAUPでの分子系統解析の方法について説明させていただきました。DNA鑑定の際のポジコンとしてボウアオノリとヒラアオノリのDNAも差し上げました。DNA鑑定のシステムが起動に乗ると良いですね。またなにかあったら,いつでも来てくださいね。

| | コメント (0)

臨海実習 II

5/16-19の間,室蘭の旧海藻研究所(現・北方生物圏フィールド科学センター室蘭臨海実験所)で臨海実習を行ってきました。受講対象は理学部生物科学科生物系の3年生で,10名の学生さんが参加してくれました。小亀先生,私,シマダ研のTA(JEF君,崎さん,中○くん),シマダ研の4年生(大輔)の,総勢16名での実習でした。毎日,海に出て,海藻類を採集し,押し葉標本を作製しまくって,名前を覚えてもらいました。ノルマ60種を超える学生さんも多く,名前をスルスル覚えていく学生さんをみているのはとても気持ち良かったです。夜は毎晩飲み会で,学生さんと色々な話が出来て,楽しい毎日でした。

Murorann1

| | コメント (1)

小笠原調査

我が国を代表する海洋島の一つ小笠原諸島は,世界遺産の登録へ向けて準備が進められています。しかし,小笠原諸島における海洋植物のフロラ調査は,これまであまり行われておらず,小笠原諸島固有種が存在するのか良くわかっていません。そこで,今回,日本藻類学会に所属する海藻類分類研究者の有志により小笠原諸島海藻類フロラ調査が行われました(5/9-14)。現地調査メンバーは,日本藻類学会会長の川井さん(神戸大),川口さん(九州大),北山さん(国立科学博物館),内村さん(港湾空港技術研究所),羽生田さん(神戸大),一木さん(元ホエールウオッチング協会研究員),そして私シマダ(北大)の7名でした。100種類以上の海藻類が採集でき,現在DNAデータを用いた分子同定などにより,種の特定を行っています。お天気に恵まれ,とても素晴らしい調査でした。宿(シートピア)も快適で,ご飯がめちゃくちゃおいしかった。外のベンチで採集してきた海藻をみんなで種分けしたり,「合宿」気分でとても楽しかったです。最終日の夜は「ウミガメ」料理に初挑戦!一緒に泳いだウミガメちゃん・・・と思うと悲しくなっちゃいましたが,おいしくいただきました。シートピアの隣のカフェのおねぇさん(むっちゃん)とも仲良くなって,大満足の調査でした。

さいごに,現・和文誌編集長の北山さんが作製した幻の表紙です。もったいないので公開しちゃいます。

Ogasawara1

| | コメント (0)

高知大の先生

今日は,高知大からお客さんが来ています。インドからの留学生さんも一緒です。1層膜状のヒトエグサという「ごはんですよ」の原材料の緑藻を採集しにやってきました。おみやげに,室戸の深層水でそだてたアオノリをいただきました。「海の研究舎」という会社,知ってますか?「プチモ」というかわいい海藻の小瓶を売っています。先日「アッコにおまかせ」で紹介されたらしいです。みなさんもゲットしてくださいね。

| | コメント (0)

生物科学方法論

5/7は,生物科学方法論という講義がありました。シマダ研で学生さん達が行っている研究内容をしゃべってきました。講義をしているといぷも思うんですけど,聞いてくれる学生さんは,ホント熱心に聞いてくれて,とれもうれしい気分になります。・・・なのにシマダ研の中○くんは,寝てましたね・・・・。

| | コメント (0)

沖縄調査

4/26-28まで沖縄県石垣島と与那国島で淡水アオノリの調査にいっていました。

ヒマワリが咲いているほど熱く,腕が日焼けで真っ赤になってしまいました。

Cimg0174

大きめの藻体もゲットできて,おいしい泡盛も飲めて大満足の調査旅行でした。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »